メイク・アートメイク・タトゥーの基本知識

ヘッドライン

定着

teityaku ファンデーションやチークなどをはじめとした化粧品は、肌の上に色み… 続きを読む

新着記事一覧

2013/10/15
定着を更新
2013/10/15
彫り込むを更新
2014/01/18
刺青を更新
2014/01/30
ボディペイントを更新

彩り

irodori

女性の嗜みとして、多くのシーンで活用されているものがメイクである。
メイクとは化粧品を使って肌に色みをプラスすることであり、元の肌の色とのコントラストで美しさを際だたせるために行うものである。

女性が外出するときなどに用いられることが多く、髪型と合わせてメイクの内容も決まるものである。
また、色みの違いにより、その人の印象を変えてしまうような効果もあるため、小顔効果や美肌効果を演出することも可能である。

言葉

メイクという名称は英語から来ており、創作するという意味合いを含んでいる。
効果として挙げられる肌の見た目を大幅に変えたり、荒れている部分を隠したりすることもでき、美しさを創りだすという意味合いも含んでいる。

また、メイクアップ術も多岐にわたり、元の状態の印象とは全く違う顔立ちを作り出すことも可能である。
最近では造顔メイクや整形メイクと言った、顔立ちの根本を変えるほどの違いを作り出すメイクが注目されている。
使い方によっては印象アップの効果も狙うことができるため、女性の美の一角を担っていると言っても過言ではない。

セラピー

therapy

メイクによって心理セラピーが可能という見方もある。
自身の顔立ちにコンプレックスがある女性も多く、中にはそのコンプレックスにより人前に出にくいという悩みを抱えている人もいる。

そういった女性を対象に、顔立ちに変化をもたらすメイクを行い、自己否定感を拭い去る方法も注目されている。
メイクは見栄えを良くするだけでなく、人の心理状態にもプラスの影響をあたえることがある証明となる。
このセラピーは色彩学および印象分析の知識も織り込んでいるため、心理的作用に高い効果がある。